ベビーシッターを使うときに気を付けること

subpage01

大切な乳幼児を預けるわけですから、派遣業者やベビーシッターは慎重に選びたいものです。

なお、一時預かりが必要な場合やシングルマザー、シングルファーザーでさまざまな支援が必要な場合は、まず、市町村に相談しましょう。



次に、業者について、平成28年4月以降は1日に保育する乳幼児の数が1人以上の場合に届け出が必要となりました。

信頼できる業者なら、ベビーシッターの研修や資格認定をしている「公益社団法人全国保育サービス協会」に加入しているはずです。
加入業者の情報は、協会のサイトで得ることができます。

さらに、ベビーシッター自身も保育士の資格を持っているか、この協会の資格認定を受けているはずです。
子どもを保育するには、人柄だけではなく、知識や技術も必要です。

ただしい知識や技術を身につけている人に依頼しましょう。



ネットで情報を調べたら次に、実際に面接をします。



方針や心構えについて、信頼できる人物がどうか確認します。

次に、派遣業者の業者名や連絡先を確認します。


さらに、本人の資格について、保育士登録証や協会の認定ベビーシッター登録証の提示を求めます。
子どもの自宅以外の場所で保育する場合には、実際の保育場所を見学し、適切な場所かどうか確認します。また、事故に備えて業者が保険に加入しているかどうかも知っておく必要があります。

ベビーシッターの利用を始めたら、預けている間も、子どもの様子を電話やメールで確認します。また、緊急時の連絡を常に受けられるよう体制を整えます。

また、子どもを預け、受け取るたびに、子どもの様子を尋ね確認し、常に子どもの状況を把握します。

疑問や不満が生じたときは、遠慮せずに事業者などに相談して下さい。